<   2009年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「フィガロの結婚」 恋とはどんなものかしら

モーツァルトと言えばオペラ。
モーツァルトの曲は一度耳にすると残るものが多い。
時間が取れれば歌劇「フィガロの結婚」のなかから聴くことがある。
ケルビーノが歌うアリア「恋とはどんなものかしら」 である。
歌詞の意味は日本語の字幕が出るので分かるが、原語で歌われているので暫くすると原語も知りたいと思えてくる。
そういう時はインターネットが便利である。
最近は分からないなりにも原語のイタリア語の語句を追いながら聴くのが楽しみになっている。

《フィガロの結婚》より 第2幕:恋とはどんなものかしら

Voi che sapete Che cosa è amor,
Donne, vedete S'io l'ho nel cor.
Donne, vedete S'io l'ho nel cor.
   
Quello ch'io provo Vi ridirò,
È per me nuovo Capir nol so.
   
Sento un affetto Pien di desir,
Ch'ora è diletto, Ch'ora è martir.
   
Gelo e poi sento L'alma avvampar,
E in un momento Torno a gelar.
   
Ricerco un bene Fuori di me,
Non so chi'l tiene, Non so cos'è.
   
Sospiro e gem Senza voler,
Palpito e tremo Senza saper.
   
Non trovo pace Notte né dì,
Ma pur mi piace Languir così.
   
Voi che sapete Che cosa è amor,
Donne vedete S'io l'ho nel cor.
Donne vedete S'io l'ho nel cor.
Donne vedete S'io l'ho nel cor.


http://jp.youtube.com/watch?v=LFTUz8kW7u4
[PR]
by yoshi_miracle | 2009-01-11 21:47 | モーツァルト

ETV50クラシック・アーカイブ

昨夜NHK教育で「ETV50クラシック・アーカイブ~和洋名演名舞台~ -第2部・世紀の名演奏-」を放送していたので最後まで見てしまう。
http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2009-01-09&ch=31&eid=33155&p=1
貴重な映像だ。
特に番組最後のカルロス・クライバー指揮 バイエルン国立管弦楽団 ベートーベン 交響曲第7番 イ長調(1986年、昭和女子大学人見記念講堂)を見れたのは幸いだった。
クライバーの指揮は穏やかに楽しく華麗に舞っているようで魅了されるが、練習では非常に厳しかったそうである。
[PR]
by yoshi_miracle | 2009-01-10 21:39 | つれづれなるままに