<   2007年 01月 ( 22 )   > この月の画像一覧

「アジアの風に吹かれて 作曲家・久石譲の世界」

2007年1月28日(日)24:40~25:24 NHK総合で放送された「アジアの風に吹かれて 作曲家・久石譲の世界」をタイマー録画してあったのを観た。
一曲目が「もののけ姫」からに編集してあり、久しぶりに詹麗君さんの二胡の音色が聴けた。最近なかなか楽坊の曲を聴く時間が取れなく、そんな中で詹麗君さんの二胡の音色が聴けて感動です(もっともこのツアーでは女子十二楽坊としてでの参加ではなく一人の二胡奏者としての参加であるのですが)
一般のテレビを観ていた人で、女子十二楽坊のメンバーの一人だと気付く人が何人いるだろうか。私が実際観に行った時も詹麗君さん紹介の時には「女子十二楽坊」の~という紹介は無かった。「詹麗君」だけだったから。
衣装とヘアースタイルが地元のコンサートを観に行った時のと異なっていた。TVでは上が白の衣装でヘアースタイルは後をポニーテイルのように縛っていたが、私が観に行った時は上は赤い衣装、ヘアースタイルは頭のてっぺんにお団子を載せたような髪形だった。姜小青さんのHP(ホームページ) http://homepage3.nifty.com/jiang/ ときどき日記の2006年10月20日(金)に詹麗君さんの写真が載っていますが、あれと同じ。こうしてテレビで違う衣装も見れて得した気分(笑)。ちなみにロングスカートは黒で同じだった。古筝の姜小青さんとも衣装の色を考慮し、詹麗君さんが白の時は姜小青さんは赤、詹麗君さんが赤の時は姜小青さんは白と2人で相談したんでしょうね、きっと。
「アジア」という言葉がキーワードとなっているからか二胡の詹麗君さんのアップが多かったと思う。いいことだ(笑)。
ところで「794BDH」という曲、当日コンサートで聴いたのを思い出した。コンサートで初めて聴いて気に入った曲だった。ただその時、曲名が分からなかった。
「ミニマルミュージック」 なるほど日本の祭りのお囃子もこのようなものか。
この発想はアジア独特のもので、氏曰く「頭で学んでいかなくても、我々の血の中にある」
確かに例えばお祭りで言うと祭り囃子を聴くと私など血が騒ぐ。
話は変わるが以前、女子十二楽坊が佐原の夏祭りに参加したことがあった。その内容がかつてTVで放送されたが、祭り囃子の下座連の人達との交流も楽しく紹介されていた。別れの時には楽坊メンバーもしんみりとして、孫婷ちゃんなど涙をぬぐっていたように思う。日本と中国、国は違っても同じアジア、何か深く通い合うものがあったのではないだろうか。
ところで、今回の番組最後の場面で詹麗君さんが久石譲の肩を揉んでいた。これもいい関係だ(笑)。
[PR]
by yoshi_miracle | 2007-01-30 21:52 | つれづれなるままに

日々を大切に

朝、題名のない音楽会を見る。音楽猫というグループが出ていた。名前は以前に聞いたことがあったが私は初めて見た。
ヴァイオリン2名、チェロ2名、琵琶2名、笛子2名、古筝1名の合計9名だった。中国の古典楽器と言ってすぐ連想する二胡は使っていないのですね。
最初はピアノも入り「姉さんの恋」という曲。CMで用いられた曲のようだ(私は民放をあまり見ないので)。
次いでモーツァルト曲のメドレー。交響曲第40番、アイネ・クライネ・ナハトムジーク、「フィガロの結婚」よりのアリアなどだった。超絶技巧が必要だとのこと。楽しませてもらったが、ただ西洋楽器を用いているので何か当たり前といった感がしないでもない。中国の古典楽器がうまく生かされていたのだろうか?聴いていて揚琴が無いのもちょっと寂しい。
昨日はモーツァルトの誕生日だった。うかつにも忘れていた。偶然にも昨日は、モーツァルトの交響曲第40番、41番を聴いた。これで許して頂こう。
チャンネルを変えたら、NHK BS hiで ベルリンフィル演奏、マリア・ジョアン・ピレシュのピアノでモーツァルトのピアノ協奏曲第20番をやっていた。1楽章の途中からだったので、有名な第2楽章がじっくり聴けた。
それから知人の葬式に出る。
「アマデウス」という映画ではモーツァルトが亡くなった後のエンディングで、このピアノ協奏曲第20番の第2楽章が流れる。
知人のご冥福を祈る。
[PR]
by yoshi_miracle | 2007-01-28 23:09 | つれづれなるままに

孫婷(スンティン)資料2

孫婷(スンティン)資料が好評なようなので、それでは第2弾を(笑)

孫婷(スンティン)資料2
2004年 weekly oricon No.10 3/15  特集「これが“ほんと”の女子十二楽坊のすべて」 より

1.担当楽器と、その楽器を始めた年齢
  ニ胡・8歳
2.担当楽器の魅力は?
  旋律が柔・美・悠。
3.楽器を続けてきて良かったと思のはどんな時?
  91年に中央音楽院に合格して北京に着いた時。
4.「日本でデビュー」と聞いた時の感想は?
  とても興奮しました。私たちの音楽が日本の皆様に紹介でき、理解していただけるようになるからです。
5.また、その時は、どの程度の活動・活躍を予想していた?
  これほど忙しく、展開が早いとは思いませんでした。
6.12人で活動する大変さ・素晴らしさは?
  ひとりひとりの性格が違うため、お互いに理解し合わなければなりません。ですが、とても楽しくみんないつもハッピーです。また、団結はパワーになります。
7.日本に来ていちばん驚いたことは?
  スタイリストさんが黒の下着を外に着けていた時は、大変驚きました。
8.日本という国は、あなたの人生観にどんな影響を与えた?
  とても大きな変化を与えてくれました。自分自身が仕事に専念し、不眠不休で頑張っていることにとても驚いています。
9.好きな男性のタイプは?
  寛大な心を持ち、多くのことを忍耐強く受け止める人、そしてユーモアがある人。
10.音楽以外の楽しみは?
  スポーツ、旅行、そしてもちろんショッピング。
11.グループとしての野望は?
  今のところは自分自身がいかに努力して十二楽坊をさらに発展させていけるかです。
12.個人としての野望は?
  私立の音楽学校を創設し、多くの人が音楽を学べるようにしたいと思っています。
[PR]
by yoshi_miracle | 2007-01-27 21:06 | 女子十二楽坊資料

孫婷(スンティン)資料  画冊「TWELVE」より

孫婷(スンティン)資料として以前(2年前?)作成し投稿忘れしていたファイルが見つかったので資料としてBLOGに掲載しておきましょう。


姓名:孙婷

英文名:TINA

昵称:JI-JI

星座:双鱼座

血型:B型

出生地:江苏省徐州市

毕业院校:中央音乐学院

演奏乐器:二胡

性格:开朗,对待事情很认真

嗜好:听音乐,整理东西

口头禅:啊?真的吗?

个人座右铭:做自己开心的事,不用理会他的感受

喜欢的色彩:黑,白,黄,灰

欣赏的植物:梅花

爱吃的水果:山竹,火龙果,荔枝

爱好的运动:台球,乒乓球,散步

喜欢的动物:熊猫,松鼠

害怕的动物:虫子

喜欢的食物:偏辣偏甜的食物

喜欢的城市:云南,西藏,内蒙,杭州,四川

个人的收藏:与蝴蝶有的饰物

擅长拿手菜:各类煲汤,麻辣啤酒龙虾

崇拜的人:我的老师刘长福

喜欢的艺人:周杰伦,珍妮弗·格佩兹等

对你影响最大的人:我的妈妈

偏爱的音乐风格:Handrock,newage,blus,jazz

最喜欢的乐坊曲目:《女儿梦》

印象深刻的影视作品:《辛德勒的名单》

崇尚的生活方式:简约

健康的秘诀:心情愉快

美容的心得:多吃蔬菜,水果

喜好的衣着风格:个性,另类

喜欢的饰物:古朴,有特点,与众同的

开心的事情:当自己取得成就时

难过的事情:不能做自己喜欢的事

最满意自己的是:非常爱干净,满意自己把房间收拾得井井有条

吸引你的男性类型:幽默,善解人意

反感的男性类型:自以为是,骄傲自在

愤怒时你会怎样:大喊,大声听音乐

兴奋时你会怎样:与我的朋友、亲人一起分享我的喜悦

假期最想去的地方:杭州

最有趣的经历:三次走错同一个房间

目前最大的愿望:发挥自己最大的音乐才能来诠释音乐的魅力

想对乐迷说的一句话:自从有了你们的支持,我变得勇敢而有自信,不再是单纯的小女孩,我感到肩膀上有了压力和责任,我会用我的身心,竭尽全力把最美的音乐献给你们

(以上资料来自2005年1月8-9日北京演奏会出售的画册Twelve)


2005年1月8-9日北京演奏会で販売されていた小冊子「TWELVE」より
(訳)
名前:スン・ティン
英文名:TINA
ニックネーム:JI-JI
星座:うお座
血液型:B型
出生地:江蘇省徐州市
卒業大学:中央音乐学院
演奏楽器:二胡
性格:明るく朗らか、事に対してとても真剣
趣味:音楽鑑賞、整理整頓
口癖:え?本当ですか?
座右の銘:自分が楽しいことをする、他の思わくは気に留めない
好きな色:黒、白、黄、灰
鑑賞植物:梅の花
好きな果物:マンゴスチン、ドラゴンフルーツ、ライチ
好きなスポーツ:ビリヤード、卓球、散歩
好きな動物:パンダ、リス
嫌いな動物:虫
好きな食べ物:辛い物、甘い物
好きな都市:雲南、チベット、内モンゴル、杭州、四川
収集しているもの:蝶をデザインした飾り物
得意な料理:各種鍋入りスープ,麻辣啤酒龙虾(辛いビールロブスター?)
崇拝する人:劉長福(恩師)
好きな芸能人:周杰伦,珍妮弗·格佩兹等
最も影響を受けた人:母親
好きな音楽ジャンル:ハードロック、ニューエイジ、ブルース、ジャズ
最も好きな楽坊の曲:《女儿梦》
印象深い映画、テレビ作品:《辛德勒的名单》
あこがれる生活様式:簡略
健康の秘訣:気持ちが愉快
美容の心得:たくさん野菜、果物を食べる
好きな服装のスタイル:個性がある、別の類
好きなアクセサリー:古風で質朴、特徴がある、一般のものと同じ
愉快なこと:自分が業績を上げた時(成し遂げたとき)
つらいこと:自分の好きな事ができないとき
自分の最も気に入っているところ:非常に清潔好き、部屋を整然と秩序立って整理することに満足
魅力的と感じる男性のタイプ:ユーモアがあって、よく人の気持ちが分かる人
反感を感じる男性のタイプ:独りよがり、傲慢
憤怒するときあなたはどのようになる:大声で叫ぶ、大音声で音楽を聴く
興奮したときあなたはどのようになる:友達、肉親と一緒に喜びを分かち合う
休日に最も行きたいところ:杭州
最もおもしろかった経験:3回同じ部屋を間違えた
今最大の願望:自分の演奏で音楽の魅力を最大限に表現すること
ファンに言いたい一言:あなた方の応援支持があってから、私は勇敢になりそして自信を持つようになりました。もう単純な女の子ではありません。私の肩に重圧と責任を感じます。私は全身全霊を以って、最も美しい音楽をあなた方に全力を尽くして捧げます。
[PR]
by yoshi_miracle | 2007-01-25 20:57 | 女子十二楽坊資料

仲道佑子さん

一昨日コンサートに行った時、来週も広響のコンサートがあるのをポスターで知り、昨日電話してみたら、チケットは既に完売とのこと。あぁ。先週売り切れたらしい。

ピアニストの仲道佑子さんのBLOGがないかと探したが見つからない。
代わりに7回だけ依頼されて書いたBLOGが見つかった。
http://www.bunka.city.sendai.jp/sencla/blog_nakamichi.html
なかなか面白い。「数独」って何?ググってみましょうか。

話変わって、ググっていたら、先日の沖縄の楽坊イベントを観た方のBLOGを見つけました。
http://blogs.yahoo.co.jp/d30n15m/46179268.html
良かったようですね。
[PR]
by yoshi_miracle | 2007-01-23 07:06 | つれづれなるままに

ニューイヤーコンサート

今年初のニューイヤーコンサートに行ってきた。地元の文化ホールで開催されたコンサートである。

前半はウインナ・ワルツの調べ
ヨハン・シュトラウスⅡ世  喜歌劇「こうもり」序曲
ヨハン・シュトラウスⅡ世  ワルツ「酒・女・歌」作品333
ヨハン・シュトラウスⅡ世  アンネン・ポルカ 作品117
ヨハン・シュトラウスⅡ世  常動曲 作品257
ヨハン・シュトラウスⅡ世  ワルツ「春の声」 作品410

広島交響楽団 指揮:岩村 力

ニューイヤー定番のワルツ曲である。途中指揮者が客席に向いて話しかけ、「こんな調子でずっと続きます」と笑わせ曲を終らせた。
そう言えば今年のウィーンフィルのニューイヤーコンサートも指揮者がピッコロ奏者の超絶技工を褒め称える為にわざわざ握手しに行って笑いを誘っていた。
ウィーンフィルに倣ってか(?)全国的にどこのニューイヤーコンサートも指揮者はこの手のことを考えてやるのでしょう、きっと。
大体このウィンナ・ワルツはベートーヴェンの曲のように畏まって聴くものでもないらしい。気楽に楽しんで聴けばいいのである。ニューイヤーなのである。
休憩時間を挟んで後半の部。
ベートーヴェン ピアノ協奏曲 第5番 作品73 「皇帝」

ピアノは 仲道 佑子さん。昨年、NHK教育でモーツァルト特集があったとき、お姉さんの仲道郁代さんが解説者というかゲストの一人としてピアニストの立場から参加されていたのを見た。美しく、穏やかで、上品でなおかつ知的なお話をされる方だと興味深く見ていた。
地元に仲道佑子さんが来るとのコンサートのチラシを見つけた時、持ち前のミーハー精神が頭をもたげ、早速チケットを取っておいたのだ(笑)。
仲道佑子さんは赤いドレスで登場された。トップレスのドレスでスマートな体だから客席(一応S席)から見と20代にも見え、舞台の華である。第1楽章が終ったら、なんと客席から拍手が。あれ?最近は楽章毎に拍手するの?確かに第一楽章も盛り上がる終り方はするが。。。仲道佑子さんは軽く会釈されていた。
やはりベートーヴェンの「皇帝」はいい。第3楽章が終ると、ブラボーの声も。拍手喝采。仲道裕子さんも笑顔。

アンコールは、仲道裕子さんのピアノソロで、モーツァルトのトルコ行進曲。聴衆のほとんど誰もが耳にしたことがある曲で、小さいお子さんが思わず立ち上がってピアノを見つめる姿が微笑ましかった。

やはり生演奏はいい。マイクとスピーカーが無くても聴けるのがクラシック音楽のいいところ。生きている音の波、うねりがそのまま伝わる。コントラバスの低音がビンビン響く。
オーケストラの中ではコンサートマスターの演奏の動きが一番大きい。さすが体全体で弾いている感じ。

実はこの間、NHK BSで仲道郁子さんのピアノリサイタルを放映していた。テレビだからアップである。アップで見ると、ピアノを弾く時は、口ずさむかのように口を開けて弾いておられる(内田光子さんもそうである)。
テレビで右手が光っていると思ったら、汗だった。額から汗が落ちるのだろう。ピアニストはかなりエネルギーを使うのであろう。

やはり、生の音楽はいい。心が洗われる感じがする。地域の交響楽団も応援したい。また聴きに行きたい。
[PR]
by yoshi_miracle | 2007-01-21 20:21 | つれづれなるままに

「女子十二楽坊公式ネットファンクラブについてのQ&A、アンケート、ベータ版サイト公開」

「女子十二楽坊公式ネットファンクラブについてのQ&A、アンケート、ベータ版サイト公開 」の記事があります。

http://ent.kainichi.net/2007/01/12girls-band.html
[PR]
by yoshi_miracle | 2007-01-17 12:53 | 女子十二楽坊資料

认出来了吗?

认出来了吗?
2007-01-16 13:13:21

是不是觉得眼熟呢?呵呵!

认出来了吧?原来是生日礼物.....是大家送给我的!!眼馋了吧?

还不知道我是谁了吧??这三个小字泄露了天机哦..谢谢大家送给我的侄子小天章的礼物

最后这张我的大名挂那儿了..想保密也不行啦!呵呵!

谢谢大家给我的生日礼物,其实生日当天就应该上来发贴,但是因为要准备上周末在保利的新春音乐会,我们都在认真的练琴,不好意思啦,还是慢了点,相信大家不会怪我的:)在这里,谢谢所有记得松梅生日的朋友!
哦,最近北京的冬天可是流感泛滥啊,希望大家在爱护和关心松梅的同时,也一定要照顾好自己哦,打吊瓶的滋味可真不好受咧
19号我们又要飞往日本了,不知道日本的北海道下雪了没有?很想念大家,日本见啦!!

(訳)
「見分けられましたか?

見覚えありますか?ほほほ!

見分けがつきましたでしょう?そうなんです誕生日プレゼントです.....皆さんが私に贈ってくれたものです!!欲しくなったでしょう?

まだ私が誰か分からないですかね??この小さな3文字が秘密を漏らしてしまったわね..私の姪っ子の天章ちゃんへのプレゼントを贈って頂き、みなさん、ありがとう。

最後のこの写真には私の名前があそこに掛かげてあった..秘密にしたいけどもだめだったわね!ほほほ!

皆さん、私への誕生日プレゼントありがとう。実は誕生日の当日にBLOGに来て貼るべきでしたが、週末の保利での新春音楽会の準備をしなければならなく、私達は皆真剣に楽器の練習をしていて、すみませんでしたね、やはりちょっと遅くなりました。皆さんがここで私を咎めないことを信じています。松梅の誕生日を覚えてくれているすべてのお友達ありがとう!
ああ、最近北京の冬はしかしインフルエンザが猛威をふるっているわね。皆さんが松梅を愛し大切にし、関心を持ってくれるのと同時に、必ずよく自分にも気を配って頂きたいですね。点滴を打つ味わいは本当によくない。
19日に私達はまた飛行機で日本に飛びます。日本の北海道は雪が降ったかどうか知りませんか?みなさんをとても懐かしく思っています。日本でお会いしましょう!!」


久しぶりの楊松梅さんの投稿ですね。


ところで、この間から、女子十二乐坊的BLOGを開くとmtv99という画面に切り替わってしまいます。十分に気を付けて下さい。小さな広告のポップアップ画面が出てきたら速やかに閉じるようにして下さい。今までは女子十二乐坊的BLOGに直リンクしてきましたが、この現象が収まるまでは直リンクはしないことにします。女子十二乐坊的BLOGのリンクは私のBLOGにリンクしてありますが、閲覧するときは気を付けて下さい。最近このような悪質な広告の類の問題が増えて来ましたね(資料館も含めて)、困ったものです。
[PR]
by yoshi_miracle | 2007-01-16 20:14 | (中国版)女子十二乐坊的BLOG

新春音楽会

1月14日夜、北京保利剧院で行われた新春音楽会の写真が掲載されています。媛媛と詹麗君さんが大きく写っていますね。
先月、中国の音楽会にはいなかった馬菁菁さんも出演していますね。
http://news.sina.com.cn/o/2007-01-15/093111002782s.shtml

http://www.asahi.com/international/jinmin/TKY200701080170.html
「今回のコンサートの演出は全て日本公演時の製作スタッフによるもの。日本公演時の音響スタッフによる、最高の音響効果が期待できる」と以前の記事にはあった。観に行った人の感想はどうだったろうか。
[PR]
by yoshi_miracle | 2007-01-15 22:08 | 女子十二楽坊資料

雪纳瑞

雪纳瑞は調べてみるとこのような犬のようだ。
http://www.51taoqi.com/newscenter/new/xnr/20060728041315.html
15世紀のドイツに源を発し、ドイツ語でSchnauzerという。

ドイツ語の辞書を引くと
Schnauzer
[シュナオツァー](男性名詞)
〔(単数の2格)‐s/(複数の1格)‐〕
【1】シュナウツァー(小型のテリア犬の一種)
【2】(口語)大きな口ひげ

成る程、「大きな口ひげ」を持つから、小笛子は年寄りのような犬と表現した訳だ。。。顔の図を見ると、眉毛も長くて人間で言うとさながら長老のようだ。


ところで、北京保利剧院で行われた音楽会を観に言った中国のファンが張琨さんに聞いた話によると、張琨さんが準備中の店も美容のものをやりたいのだそうだ。うーむ、小笛子の美容美髪店とかぶりますねぇ。。。
[PR]
by yoshi_miracle | 2007-01-15 21:14 | つれづれなるままに