<   2006年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

华泰圣达菲上市“女子12乐坊”的表演视频

http://auto.sohu.com/20061010/n245717769.shtml
华泰圣达菲上市“女子12乐坊”的表演视频

久しぶりに女子十二楽坊の演奏を動画で見れます。
詹麗君さんが日本で久石譲の全国ツアーに参加出演していた関係で、ニ胡ソロは孫婷(スンティン)さんが弾いていますね。
[PR]
by yoshi_miracle | 2006-10-31 06:39 | 女子十二楽坊資料

香格里拉

女子十二楽坊が演奏する《香格里拉》 (Hang Rila/シャングリラ - 馬 軍作曲 (編曲:馬 軍) は私の好きな曲です。
孫媛さんの吹く笛の音がとても心地良いのです。CD「Beautifule Energy」では始めに蕭での演奏が入っている。ここがDVDに収録されているのとまた違うところです。
また「赤箱」と呼ばれているCDもありますが、こちらのCDでは、曲の中頃に吹く孫媛さんの笛の音がCD「Beautifule Energy」よりもハッキリと聴こえます。私はこの赤箱を聴いていて、この箇所で思わず涙が流れ出たことがあります。孫媛さんの吹く笛の音色が例えれば純粋な幼子のような美しい心のように感じられ、何か純粋なるものに心打たれたとでも言うのでしょうか。(勿論、詹麗君さん、殷焱さんのニ胡の音色も美しくこちらも心の奥底にあるものに響いたのでしょうが)
そんなことがありましたことが懐かしく思い出されるのです。
 ところで、今年地元では松茸が大不作の年らしい。そこで外国から輸入される事になるわけですが、具体的にどこから輸入されているかというと「香格里拉」からだと先日地元のテレビで放送していました。中国に実際に「香格里拉」という地名があるそうで、松茸が沢山とれるんだそうです。日本から沢山買ってくれるおかげで、なんでもここでは松茸長者に成る人も出てきたんだとか。
日本で100gあたり5500円の松茸が、中国では30元(450円)とか言ってました。
かつて日本でも1970年頃はキロあたり 1,760円だった松茸が、2005年では60,000円、最近は140,000円するそうな(国産松茸)!!
そう言えば昔は、父が山を歩いたら松茸が沢山取れ、松茸はタダで食べられるものだと思っていました。
しかし最近は開発で山が切り開かれ、松も松枯れで枯れ、松茸が育つ環境では無くなってしまいました。食べる為には高いお金を出さなくてはいけない。昔はタダでたらふく食べられた。自然の恵みに関して言えば、昔と今と、どちらが贅沢だったでしょうか・・。
特に最近は異常気象によりこちらでは10月に入って雨がほとんど降っていない。1日か2日降った日があったくらい、しかも少しだけ。これでは松茸が育たない。
山も松枯れで赤松が枯れていっている。これは松喰い虫にやられるのだが、大学の調査では弱った松が松喰い虫にやられるという。それでは何故松が弱るかと言えば、環境汚染により弱るのだということだ。松は環境汚染にかなり弱い植物のようだ。
それから、昔は燃料として松葉などを利用していたので、松葉を取ったり、間伐したりして山に手が入ることで山が再生していた。最近は山に入る人がいないので、山が荒れてしまい、松茸も生えにくいのだという。
異常に高くなった松茸が、何かを人類に訴えかけているように思えて仕方が無い。
今、沢山松茸が取れるという中国の香格里拉。遠く離れた中国のことだが、いつまでも松茸が取れる自然が残っていって欲しいと願っているのであります。
[PR]
by yoshi_miracle | 2006-10-30 22:37 | つれづれなるままに

芸術の秋、感動したことなど

今日は疲れたので久しぶりに夕方、テレビを観た。
NHK BS2 で放送された 『響け!みんなの吹奏楽「佐賀市民吹奏楽団」 』 は良い番組だった。普段クラシックを演奏している奏者にとって、ジャズを演奏するのはそう容易いことではないようだ。ビッグバンドのリーダーでジャズトロンボーン奏者の角田健一氏の指導の元、最後は90人の佐賀市民吹奏楽団全員でスイングしている光景は感動的な場面だった。

続いて、BSジャパン放送の『響のスコア』 
http://www.bs-j.co.jp/hibiki/back/index.html
篠笛を作って30年の「蘭情」という方の篠笛作りを途中から観た。オクターブが出るような調整の仕方など長年の勘による職人芸ですねぇ。下塗りの後の漆塗りの手順など、なるほどこのようにして作られるのかと興味深かった。この仕事が天職だと思うようになったそうだ。小さい頃から祭りでお囃子を聞いたことが原点にあるという。
いい番組だと思う。この番組、途中からしか見れなかったのが残念。

フィギュアスケートGPシリーズ2006第1戦アメリカ大会 は昨夜に続いて観た。
昨夜は浅田真央選手がSPの演技で一位だった。使用した曲はショパンのノクターン。あの有名な第2番変ホ長調の方。偶然にも最近私はショパンの曲が聴きたくなってよく聴いている。ノクターンもその一つ。ロマンティックなメロディーでTVの番組などでもよく使われる曲だ。どうも私は秋になるとショパンが聴きたくなってくるようだ。
ショパンと言えば女子十二楽坊のメンバーでは確か詹麗君(ジャンリーチュン)さんが好きだと何かに書かかれていたように記憶している。詹麗君さんも今でも時々聴いているだろうか。詹麗君さんにはクラシックがよく合うように感じる。昨年、今年と女子十二楽坊のコンサートツアーで詹麗君さんのニ胡による「チャルダッシュ」のソロ演奏もさすが詹麗君さんだと感動したものだ。
浅田真央選手はフリーの演技で「チャルダッシュ」の曲を使っていた(ヴァイオリンによる演奏)。今日は演技でうまくジャンプできなくて残念ながら3位になってしまったが。
安藤美姫選手の滑りは昨日に続いて素晴らしかった。昨日のSPは交響組曲「シェエラザード」を使ってジャンプもうまく決まっていた。今日のフリー演技はメンコン(メンデルスゾーンのヴァイオリンコンチェルト)の曲に乗って、ジャンプも何回も決め会心の滑りで見事一位、優勝した。トリノオリンピックのこともあり、よくあの時辞めないで、かなりの練習努力をしてきたかと思うと胸が熱くなった。今後も頑張って欲しい。
[PR]
by yoshi_miracle | 2006-10-29 22:48 | つれづれなるままに

马菁菁さんが10月27日にSDBBSに書き込んだ内容

马菁菁さんが10月27日にSDBBSに書き込んだ内容
世纪星碟论坛(STARDISC Forum) → 十二乐坊总论坛(Main Forum) → 女子十二乐坊论坛 → 谢谢大家记得我生日,很高兴
2006-10-27 23:41:00
菁菁
谢谢大家记得我生日,很高兴

几天前就陆续收到了乐迷寄来的礼物,今天收到了鲜花还有冰淇淋蛋糕。

最近忙于排练,没有庆祝,今晚和朋友一起吃了甲鱼汤,非常高兴!

(訳)
「みなさんが私の誕生日を覚えていてくれてありがとう。とても嬉しい。
数日前続々と楽坊ファンが送って来たプレゼントを受け取った。今日はお花とアイスクリームケーキを受け取りました。
最近リハーサルに忙しく、祝っていなかった。今晩友達と一緒にスッポンスープを食べました。非常に嬉しい!」


世纪星碟论坛(STARDISC Forum) → 十二乐坊总论坛(Main Forum) → Japan Forum-中日交流区 → 生日很高兴
2006-10-27 23:50:00
菁菁
生日很高兴

今日嬉しいです!谢谢大家,我们下月日本见!

(訳)
「誕生日はとても嬉しい
今日嬉しいです!皆さんありがとう。私達は来月日本で会いましょう!」

马菁菁さんは2005-5-12 以来のBBSへの書き込みですね。
また日本語を使って書いてくれているのも嬉しいことです。


世纪星碟论坛(STARDISC Forum) → 十二乐坊总论坛(Main Forum) → English Forum → HAPPY BIRTHDAY TO MA JINGJING
第 2 楼 2006-10-27 23:57:00
菁菁
Thanks Eddit Bear and all my friends! I like your birthday card.

I got flowers and ice cream cake today. I'm so happy!

BTW: I like bear very much.

(訳)
「 Eddit Bear と全てのお友達、ありがとう!私はあなたのバースディカードが好きです。
私はお花とアイスクリームケーキを今日、受け取りました。私はとても幸福です!
ところで:私は熊がとても好きです」
[PR]
by yoshi_miracle | 2006-10-28 06:28 | 女子十二楽坊SD BBS

我来啦!

http://blog.sina.com.cn/u/489460f90100079k
我来啦!
2006-10-27 17:30:26

(訳)
「私、来たわよ!
先生の音楽会が終わった。急にあまりにも楽になった。でも今回本当に多くのことを学んだ。とてもいい機会だった。凄く疲れた。まず帰って眠って美容し、目が覚めたら、戻って来てお話しします~(麗君)」

詹麗君さんは久石譲の全国ツアーを終えてホッとしたところで中国のBLOGに書き込みたくなるようだ(ちなみに詹麗君さんは今日未だSDBBSにはオンラインしていない。SDBBSは日本の特定のファンの書き込みが多いが、中国のBLOGの方が中国のファンの人達が多く書いているのでそっちの方が安心するのかも知れない)
今回は自分の名前を忘れずに署名してある。進歩です(笑)。

それから、今日の姜小青さんのHP(ホームページ)のときどき日記 が更新されていた。2006年10月27日(金)
http://homepage3.nifty.com/jiang/
詹麗君さんは今日、北京に帰ったようだ。
久石譲の全国ツアーに女子十二楽坊としてでは無く、一人のニ胡奏者として他の楽器演奏者の人達と一緒にツアーしたという経験はきっと貴重なものになったと思います。
この間、トリノオリンピックの金メダリスト、荒川静香さんがアメリカでプロのアイスショーツアーに参加した時のことをドキュメントでテレビ放送していたのを見ましたが、なかなか大変な苦労なようでした。日本人はただ荒川静香さん一人の参加で、英語でのコミニュケーションもなかなか難しく、皆丸いテーブルについて談笑しながら食事しているのに、最初は荒川さん一人ぼっちで食事を取っていたり、なかなか他のスケーター達と打ち解けられなくて表情も堅かった。ツアー場所であるアメリカの地方に行っても、トリノオリンピックで金メダリストになった荒川静香さんを知らない人も多かったりする。練習の為に訪れるスケートリンクの手配も全て自分一人で行わなければならない。タクシーで慣れない英語で行き先を告げるも運転手は怪訝な表情だったりする。そんな中、練習場のスケートリンクでひとたび滑ると、そこは金メダリストの美しい滑りで、練習に来ていた観衆は釘付けとなる。そこでトリノオリンピックの金メダリストであることが分かる人もいて、小さな子供達からサインをせがまれ、次の日行くと、噂が広まったのか多くの人々からサイン責めとなる。かつての自分の小さい頃のようだと、自分の練習時間が割かれるよりも、せがまれるサインを書くのに時間を費やす。しかしこのようなところから荒川静香さんから笑顔が出てき始め、周囲の人たちとのコミュニケーションも取れ出したりした。日が経つにつれて、他のスケーター達と打ち解けて仲間になっている荒川静香さんがいた。という番組だった。
詹麗君さんも初めて会う人達との中で、色々と苦労があったに違いない。特に詹麗君さんは、はにかみやさんらしいので。
でも今回のツアーでは、古箏奏者の姜小青さんが一緒だったから何かと心強かったのではないでしょうか。姜小青さんとは同じ大学の出身のようだし、日本語の堪能な姜小青さんが通訳を引き受けたようだ。姜小青さんの日記を見ても、詹麗君さんと一緒に写っている写真が多かった。詹麗君さんも姜小青さんに対して友情が生まれたでありましょう。
BLOGにも書いてありますが、詹麗君さんは多くのことを学べたのでしょう。今後の更なる活躍を祈ります。
[PR]
by yoshi_miracle | 2006-10-27 21:36 | (中国版)女子十二乐坊的BLOG

姜小青さんのHP 10月25日(水)のときどき日記より

最近、姜小青さんのHP(ホームページ)
http://homepage3.nifty.com/jiang/
のときどき日記を見るのが楽しみになってきた。
2006年10月25日(水)の日記には出演メンバーの集合写真(ただし久石譲氏が写っていない 笑)や、詹麗君さんとの2ショットが掲載されていたりして楽しそうだ。姜小青さんはPCを持って移動しているのだろうか。日本語も堪能のようで、何より今回のツアーでは書きたいことが多いようだ。こちらも見て楽しませて貰っている。感謝である。

ところで、大阪の久石譲のコンサートツアーを観に行った人のBLOGによると特に二胡の音が良かったようだ。
http://blogs.yahoo.co.jp/nikonikoegao_at/43281430.html
今まで久石譲のコンサートに行った人のBLOGを読んでも、二胡が良かったという人のBLOGが結構あったと思う。こういうのを読むと、こちらも嬉しくなる。詹麗君さんもこういうのを知ったら、きっと嬉しいでしょう。
[PR]
by yoshi_miracle | 2006-10-26 21:25 | つれづれなるままに

姜小青さんのHP

姜小青さんのHP(ホームページ)のときどき日記が更新されていた。
http://homepage3.nifty.com/jiang/
2006年10月20日(金)の日記を見ると、福岡での久石譲のコンサートで泣いている人がいたとのこと。
行った人のBLOGを見ても、確かに泣いたという。福岡でもスタンディングオベーションで拍手が鳴り止まなかったそうだ。
http://geocities.yahoo.co.jp/gl/ram8000221/view/20061020/1161352126

姜小青さんの日記には楽屋での詹麗君さんの写真も載っている。そうかヘアメイクは姜小青さんがやっていたのですねぇ!どおりで姜小青さんの頭と同じヘアスタイルな訳だ。

姜小青さん達は広島平和記念資料館のそばのホテルに泊っていたのですね。18日広島厚生年金会館でのコンサートが終わった後、私は広島平和記念資料館の前のバス停まで歩いたのでした。(結局、終バスの時間を過ぎていたのでタクシーになりましたが) 広島厚生年金会館前に停まっていたマイクロバス2台はホテルまでの送迎バスだったのかも知れない。
広島平和記念資料館に入ると、出てくる時は無言になります・・・
昨年の女子十二楽坊のコンサートは広島厚生年金会館で開催され、広島平和記念資料館は歩いてすぐの場所だから、あるいは女子十二楽坊のメンバーも行った人がいたかも知れない。

アジア・スーパークラシックコンサートはTVで放送してくれないだろうか。ただしあってもローカルな放送だったら見れないですけど。

ところで話題変わって、夢のCDが出るという。1枚9万8700円  高い!
夢のCD ガラス製「音」劣化しない 1枚9万8700円  
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061021-00000013-maip-soci
[PR]
by yoshi_miracle | 2006-10-22 04:30 | つれづれなるままに

女子十二楽坊のメンバーは今いずこ

PIANO STORIES Joe Hisaishi Asian X.T.C. 久石譲全国コンサートツアーは24日の大阪ザ・シンフォニーホールまで無い、20日から23日まで詹麗君さんはOFFになり休暇を楽しめるのだろうか。
姜小青さんのHP(ホームページ)のスケジュールを見ると姜小青さんは今日の21日(土)は文化庁舞台芸術フェスティバル2006~アジア・スーパー・クラシックに出演とある。
http://homepage3.nifty.com/jiang/
--------------------------------------------------------------------------------
10月21日(土) 文化庁舞台芸術フェスティバル2006~アジア・スーパー・クラシックに出演
開演:1st:13:30~(約60分)『絲竹爛漫』
    2nd:16:00~(約60分)『東から世界へ~ライジングスターの響宴~』
    3rd:18:30~(約60分)『トワイライト・コンサート』
★姜小青の出演は第1ステージと第3ステージの予定です★
場所:知恩院 三門(京都府京都市左京区)
料金:入場無料
主催:文化庁舞台芸術国際フェスティバル実行委員会企画・制作:日本クラシック音楽事業協会
後援:関西テレビ
--------------------------------------------------------------------------------

近くであれば行って見たかったですね。しかも入場無料とある。
詹麗君さんも行って見てたりして。いやゲスト出演したりして。終了後姜小青さんと京都見物するのも良いでしょう。京都は観光するところが沢山ありますから。


ところで女子十二楽坊のスケジュールはというと
http://www.12girls.org/yfzx-show2.asp?xuhao=2&column_id=230
明日22日は北京奥组委闭幕式晚会排练となっている。      
昨年と比べて、日本のディナーショーの予定が無い。
それと気になるのは、http://www.12girls.org/gywm-zxly-show.asp?xuhao=27¬eid=1626
「乐坊将在2007年1月3号至1月25号在台湾演出」とあったが、予定には入っていない。
台湾のtiff妹に「乐坊将在2007年1月3号至1月25号在台湾演出」の情報を以前知らせたことがあるが、tiff妹は受験の為に忙しくて行けないだろうと嘆いていた。台湾の朋友達もこの情報を見たはず。しかし今回のスケジュールを見ると入っていない。SDのスケジュールはコロコロ変わるのであまり当てにはできないようだ・・・。
[PR]
by yoshi_miracle | 2006-10-21 20:37 | つれづれなるままに

10月19日、詹麗君さんが夕方SDBBSにオンライン

昨日(19日)、詹麗君さんが夕方SDBBSにオンラインしていたようだ。夜には福岡でのコンサートがあり、リハーサル前で忙しいのに時間を見つけてのオンラインだと思う。
18日、広島厚生年金会館で花束を届けたからかな?
「あれ、花束を届けてくれたyoshiさんってどんな人だっけ?カードに子犬のシールが貼ってある。どっかで見たような?SDBBSで見たような?オンラインしてみよう。あっ、 詹丽君音乐学院に偶に(笑)書き込んでくれている人だったわ。ほほほ」ってな感じか?(笑) 
いえ、なに、美しい誤解ですから(笑)

いや、それとも
「あの私が悲しそうな顔して花束持っている写真を貼った人ね、ほほほ
復讐しなくっちゃ、ほほほ」 だったらどうしよう(汗)
[PR]
by yoshi_miracle | 2006-10-20 22:17 | つれづれなるままに

広島厚生年金会館に久石譲のコンサートを観に行って来ました

10月18日夜、広島厚生年金会館で行われた久石譲のコンサートツアーを観に行って来ました。
PIANO STORIES 2006
Joe Hisaishi
Asian X.T.C.
Presented by AIGエジソン生命
http://www.promax.co.jp/info/06_10_hisaishi/index.html

会場を見ると平日にも関わらずほぼ満席、老若男女、でも若い女性の方が多いですね。
会場の雰囲気はクラシックのコンサートに近いのではないでしょうか。(最近行っていないですけど)。最初に音合わせもありますし。こういった雰囲気は私は好きです。
およそ10分遅れて7時10分より始まる。久石譲はピアノ、バラクネス・カルテット(弦楽四重奏)、コントラバス、サックス、パーカッション、マリンバなど、それと中国の二胡、古箏といった楽器で構成される現代音楽ですね(12名で構成)。初めて聴く曲ばかりだったが、生演奏はいい。
途中、久石譲のMCが入り、西洋音楽ばかり勉強してきて、アジアの音楽が一番遠くなってしまっていたとの話には共感を覚えた。
それで今回、中国の古典楽器である二胡と古箏を取り入れていたのかな。
現代音楽は、昔、黛敏郎氏が作曲した「涅槃交響曲」「金閣寺」を聴いたことがあるが、本当に聴くのは久しぶりだ。難解な面もあるが。
ロンドンのバラクネス・カルテット(弦楽四重奏)のヴァイオリンの音色はうーむ、最近モーツァルトの音楽を良く聴いているせいか、比べてバラクネス・カルテットの奏でるヴァイオリンの音色にはあまり心惹かれなかった。
それよりニ胡の音色が流れてきた時は背筋ゾクゾクの鳥肌ものでした。切なく哀愁があり心に響く音色。
「もののけ姫」で奏でられるニ胡の音色にはうっとりさせられました。このニ胡奏者は女子十二楽坊の詹麗君(ジャン・リーチュン)さんで、女子十二楽坊のニ胡奏者の中ではコンサートマスター的な存在。演奏技術も高い。
今回の演奏では黒の長いスカートに、赤の中国の民族服(?)、頭は髪のてっぺんをおだんごのようにまるめて乗せている。背が高くスマートであるのでひょろひょろっとして見える。演奏も座ってニ胡を弾く中国では基本の姿勢で、楽譜もちゃんと目の前に用意されている。演奏する表情も真剣で、やはりクラシックコンサートのようです。
ちょと気になったのは古箏奏者、姜小青さんの古箏の音が西洋楽器の音の方が強くて、ほとんど聴こえて来なかったこと。ニ胡の音色はよく聴き取れるのですが。
ちなみに姜小青さんのHP(ホームページ)の「ときどき日記」を見ると、今回のツアーのリハーサルの様子など書かれています。
http://homepage3.nifty.com/jiang/
詹麗君さんは女子十二楽坊のメンバー以外と初めての日本ツアーをする訳で、大変だったかも知れませんが、同じ中国出身で日本語も堪能な姜小青さんと一緒なのは心強かったのではないでしょうか。

実際、この久石譲のコンサートツアーを知ったのは、女子十二楽坊のhttp://www.12girls.jp/ に詹麗君(ジャン・リーチュン)さんが出演するとの情報が掲載されているからだった。興味を持ったのでチケットを取って、久石譲のコンサートに初めて観に行った訳です。ちなみにS席(7500円)でした。ちょっと後ろの席でしたけど。
久石譲の曲では今回のコンサートでは、ピアノソロの「Summer」と「もののけ姫」ぐらいしか分からなかったですが、やはり知っている曲が演奏されると嬉しいですね。久石譲本人のピアノソロの「Summer」が聴けたのは良かった。私は今までさわりの部分しか聴いたことがなかったので。「Summer」で思い出すのは女子十二楽坊がヒットした2003年頃出演したTV番組「たけしの誰でもピカソ」内で女子十二楽坊の揚琴奏者、楊松梅(ヤン・ソンメイ)さんがこの「Summer」を中国の揚琴楽器で演奏した。これは感動した。その時のTV出演者からも「おお~」と感嘆の声が挙がったのを覚えている。楊松梅さんの奏でる「Summer」をまた聴いてみたいな、そんなことが久石譲の「Summer」を聴きながら心の隅をよぎった。

久石譲氏への花束やプレゼントをファンの若い女性が舞台に持って行く、持って行く、20人以上は持って行ったようだ。割と小振りなかわいい花束が多かった。ちなみに私は詹麗君さんへの花束は開演前にフロントで楽屋に持って行ってもらうように託けました。ここは久石譲氏のコンサートですから。
曲が進むにつれて、演奏が終わるごとに盛大な拍手。最後は1階席ほとんど全員でスタンディングオベーション。これは凄かった。私も隣の若い女性につられて初めてスタンディングオベーションをした。真ん中よりちょっと後ろの方の席でしたがそれでも周りの皆さんスタンディングオベーションされるのでスタンディングするのも恥かしくない。逆にスタンディングしない方がきまりが悪い(笑) 
熱烈な拍手とスタンディングオベーションで何回もアンコールに応えてくれた。
久石譲氏のファンの皆さんは温かいですね。他の演奏者が舞台から去り、最後のアンコールでは久石譲氏一人のピアノ演奏がありました。おーっというどよめきも起こりました。皆さんのスタンディングオベーションに応えての演奏に感動したのでしょう。隣の若い女性は目に手を当て涙ぐんでいたようでした。
ただ正直に書くと私自身は今回のコンサートにはあまり感動しなかった。知らない曲ばかりだったからかな。(一番感動した曲は「もののけ姫」で詹麗君さんが弾くニ胡の音色。やはり私は女子十二楽坊向きか 笑)
むしろファンの方が熱烈な拍手や、スタンディングオベーションをして盛り上げているのに接することができたことの方に感動した。貴重な経験でした。
21時半くらいに終了。途中休憩の15分を含め約2時間半のコンサートだった。帰り際に、ジーパン姿の金髪の外人女性が歩いていた。どこかで見た人だと思ったら、バラクネス・カルテットのビオラ奏者の女性だった。しばらく歩いて飲み物を持って帰ってきた。しばらくすると今度は黒い帽子を被った外人の人が歩いて出てきた、バラクネス・カルテットのヴァイオリン奏者だった。こちらは若い女性が集まって来て握手してもらっていた。こちらもしばらく歩いて戻ってきてマイクロバスに乗り込んだ。マイクロバスの周りを見るとファンの人達と見受けられる人たちが集まっていた。しばらくすると係りの人が手招きし一列に並んでいる。どうも広島厚生年金会館の裏口付近に久石譲氏が出てきてサインをしているようだった(暗くてよくわからなかった)。詹麗君さんも出てくるかなと思ってしばらく見ていたが、分からなかった。私は終電に乗り遅れるのが不安で後ろ髪を引かれる思いで、会場を後にした。もしかしたら詹麗君さんもマイクロバスに既に乗っていたのかも知れない。私が贈った花束を抱えて出てくるところを一目見たかったのですが。。。

17日倉敷、18日広島、19日福岡と、3連日のコンサートツアーはかなりきついかと思いますが、どうか乗り切って下さい。

ところで、広島厚生年金会館までタクシーに乗った時、タクシーの運転主さんと話が弾んだのが、昔のフォークソング歌手の話題。
先週、広島郵便貯金ホールで小椋佳のコンサートがあり、タクシーに乗る方が多かったそうで、やはり年配の方が多かったですよ(笑)、「さらば青春」なんか、懐かしいですねぇ。最近の若い人の歌う歌詞は分かりませんなぁ、などと話が弾んだ(笑)
[PR]
by yoshi_miracle | 2006-10-19 07:28 | つれづれなるままに