カテゴリ:つれづれなるままに( 39 )

『美麗的能量 北京現場音楽会 』DVD

2006年6月16~17日、北京展覧館劇場で開催された《女子十二楽坊5周年コンサート》のDVDが発売されたことは以前に書きましたが、クイックチャイナに注文していたところ今日届きました。
http://www.quick-china.com/music/detail/mc23369/
『美麗的能量 北京現場音楽会 』 DVD(PAL)  1,480円
送料1,260円。合計2,740円。

一曲目「在那遥远的地方」 おお、この画面はハイジビョンカメラで録られているようだ。PCでも十分綺麗な画質。音はPCのスピーカーを通してしか分からないので何とも言えないが、見ているうちに引き込まれて行く。感動する。「世界名曲劇場 ~第一幕 中国民謡集~(王洛賓作品音楽専輯 回憶的青春)」で同じ曲があるが、『美麗的能量 北京現場音楽会 』 の方が感動する。ダンサーの踊りが無いので女子十二楽坊の演奏に集中できるのもあるかも知れない。
孫媛さんもきれいでかわいい。2年前の映像に比べると皆、ずっときれいになったなあと感じる。
おお、「SD花園」の演奏もある。馬菁菁さんが古筝を弾いている。通称「青箱」の昔の映像も思い出す。孫媛さんはあの頃長い付けまつげをしていたなぁ。詹麗君さんのニ胡のソロ。あの頃の映像はまだ若かったなぁ。など青箱の映像が脳裏に浮かんでくる。それが今、今年の楽坊メンバーの演奏をDVDで見れて嬉しい。やはりいい曲だ。
「盛唐楽坊」  孫婷さんがV字型の一番前で、ソロ担当ですね。ニ胡が他のメンバーのニ胡より大きい。低音が出ますね。どの楽器でも大きくなるにつれて低音が出ますね。この低音用のニ胡は何という名称なのでしょうか?単に調が違うだけなのかな。
私の好きな「香格里拉」の演奏もある。孫媛さんの指は細長くて綺麗だ。小さい頃から笛を練習してきているからか、それとも指を大切にするからか。美しい。少しスローテンポのような気もする。それに笛の音がニ胡の音に隠れてよく聴こえない箇所もある。ニ胡のメロディーラインも以前と少し違う箇所もあるようだ。低音で弾いている。
殷焱さんと蒋瑾さんのコンビも珍しい。弦を指で弾くピチカートも絵になる。でも詹麗君さんが弾くニ胡の音色の方が懐かしい気もする。石娟さんの琵琶演奏は鬼神迫ると言うか迫力ありますね。周健楠さんの古筝を弾いたあとの右手の流れるような動きは美しい。先日は日本の琴の演奏を見て美しかったが、周健楠さんの古筝の演奏はまた格別の美しさがある。スローモーションでの映像処理も心憎い演出だ。いい味が出ている。
「劉三姐/盛夏的果実/楼蘭少女 」 「劉三姐」も私の好きな曲だ。雷滢さんの独弦琴、孫媛さんの吹く巴烏と葫蘆絲(フールースー=ひょうたん笛)がたまらなく好きである。初めて孫媛さんが吹く葫蘆絲の音色を聴いた時、鳥肌立つ程の衝撃をうけたのを思い出す。「劉三姐」の孫媛さんが吹く葫蘆絲の箇所をそこだけ何度も何度も繰り返し聴いたものだ。
「盛夏的果実」。雷滢さんのこの独弦琴はまた特殊な形をしている。CDとはちょっと音色が違うような。独弦琴を使用することで情感豊かな表現ができている。立ち姿での独弦琴演奏も始めて見たる。
私の陳腐な文章で感想を書いていると見る時間が無くなっていきますねぇ。この辺りで書くのをやめて続いてDVDを鑑賞することにします。とにかく感動。さすが《女子十二楽坊5周年コンサート》。買ってよかった。女子十二楽坊の魅力にはまっている私なのであります。
[PR]
by yoshi_miracle | 2006-12-01 23:01 | つれづれなるままに

「世界名曲劇場 ~第一幕 中国民謡集~」

「世界名曲劇場 ~第一幕 中国民謡集~」届きました。
先ずDVDを鑑賞。中国版の方では最初、王洛賓氏の映像がしばらく流れるがミューチャー版ではこれがカットされて、すぐに一曲目が始まるようにできていますね。これは中国版を何回か見て気になったところで、DVDをセットしても曲選択のメニュー画面に行くまでに時間が掛かりすぎ待つ時間がもったいないので何とかならないものかと思っていました。ミューチャ側もそう感じていたのでしょうか。それで思い切ってカットしたのだと思われます。
全曲終わった最後に王洛賓氏の顔写真の映像を持って来てもよかったのかも知れませんが。
画質は日本公演のようなハイビジョンカメラで録画されていないので、それなりですが、DVD付きCDがこの価格(amazonだと2,533円)で購入できるのですから仕方ないでしょうね。
DVDの音はいいですね。揚琴の音がきれいに響きます。以前に『2005絲綢之旅音楽会 三周年紀念』 の台湾版限定DVDを買ったことがあるのですが、これはNTSCフォーマットで日本のDVDプレーヤーでも見れたのはよかったのですが、音がモノラルでガッカリだった。数回見たきりでCDの方ばかり聴いていたということがあったので、今回も購入を躊躇していたのです。今回は聴いて安心しました。
ただ、歌を歌っている曲で歌詞の字幕を出すのをミューチャー版DVDではやめたのには疑問が残ります。字幕が出ないから、歌詞カードでも付いているのかと探しても載っていない。本当は日本語訳を付けたかったのに製作予算の関係でできなかったのでしょうかねぇ。
中国語版と同じく中国語のままの字幕でもよかったのではと思うのですが、日本で販売する上では問題があると判断したのでしょうか。字幕を表示しないという無難な選択をするしかなかったのでしょうかねぇ。ちょっと残念です。
私は中国版DVDを買っていたからよかったのかも知れませんね。http://www.quick-china.com/music/detail/mc22613/
クイックチャイナで探すと、NTSCフォーマットのDVD(香港版)も出ていたんですね。知りませんでした。こちらは音質はどうなのかも分かりません。それに、こちらは字幕が無しと書いてありますね。
http://www.quick-china.com/music/detail/mc23136/

でも、やはり、日本のDVDプレーヤーで見れますからしばらくはこのミューチャー版DVDで楽しめそうです。やはりPCで見るのより大きな画面で見ると迫力があります。音もPCのスピーカーよりアンプを通した大きいスピーカーの方が繊細で音の広がりがあり低音も良く出ていいですね。
[PR]
by yoshi_miracle | 2006-11-29 23:24 | つれづれなるままに

尺八コンサート

今日は、尺八コンサートを聴きに行った。尺八と筝のアンサンブルで、尺八は一応プロの先生とその門人。門人と云っても未だ大学生2人だった。プロの先生は成る程、尺八の音色がするが、門人の大学生の一人は未だ尺八の音色が出ないことが多く、吹き始めは音が出ていなかった。緊張すればする程、音がでないようだった。本人も冷や汗者だったろう。2曲目からは度胸が据わってきたのから音が出るようになってきた。尺八もそうだろうが、笛はやはり吹き始めは音が出にくいものだ。もう一人の大学生は結構うまい。尺八の音色がする。相当練習しているのかも知れない。この二人、未だ若いからこれから練習しだいでどんどん伸びていくだろう。若い人が邦楽を学んでいることに敬服する。どうやら中学生のときに尺八クラブというのがあり、それに入っていたようだ。その時の先生が今日の尺八の先生ということだった。
筝は女性ばかりの7名。賛助出演となっている。筝の先生とその門下生のようだ。それから横浜からの客演である女性の先生である。筝を弾きながら謡もうたう。「虫の武蔵野」という宮城道雄作曲の曲でそうだった。筝、三絃、尺八で演奏されたが、これはプロだけの演奏で惹き込まれる。
筝でも低音がよく出ていたので関心したが、これは十七弦というものだった。どうも低音が出る筝のようである。
宮城道雄の名曲「春の海」も演奏されたが、また正月に聴いてみたいものである。門人が中学生の時に卒業コンサートでこの曲を演奏したいと言ったことがあったらしい。先生は「早すぎる、10年かかる」と最初一蹴したのだが、どうしてもと頑張るので結局この曲に決めなんとか演奏できたという話だった。曲間の準備の時間に、この先生の説明が入るのだが、これが漫談のように面白く客を笑わせながら進行していった。
全部で9曲、最後は宮城道雄の北海民謡調という曲で、総勢10名でのフルメンバーアンサンブル。ソーラン節も入っていて、筝でわざと調子を外したように滑稽に弾く箇所があり、そこで思わず客席から笑いを堪えきれずに噴き出している人もいる。なかなか面白い曲であった。全部で2時間のコンサートであった(私は用事があり遅れて行き、最初の2曲は聴いていない)が邦楽の良い勉強になった。もっと機会を捉えて邦楽も聴いてみたいと思う。
特に筝は女性が着物で弾く姿は美しく品がある。イスに腰掛けて弾くこともあれば、正座をして弾く曲もあった。正座をして弾く姿は特に日本人特有の美しさがある。また尺八にしても袴姿は男の伝統美であろう。ここには日本の美しき伝統が息づいていた。今日は良いものを見せて頂き聴かせていただいた。
[PR]
by yoshi_miracle | 2006-11-23 19:02 | つれづれなるままに

北京展覧館劇場《女子十二楽坊5周年コンサート》のDVD発売

2006年6月16~17日、北京展覧館劇場で開催された《女子十二楽坊5周年コンサート》のDVDが発売され、購入できるようだ。
http://www.quick-china.com/music/detail/mc23369/
『美麗的能量 北京現場音楽会 』 DVD(PAL)  \1,480
送料が高いなぁ。送料を入れると3,000円近くになるようだ。
来年、ミューチャー・コミュニケーションズから販売されるかも知れないですねぇ。

実は以前『王洛賓作品音楽専輯 回憶的青春 』 CD+DVD(PAL) 2枚組 \1,890をクイックチャイナで買った。
送料を入れると3,020円だった。
今度11月22日、ミューチャー・コミュニケーションズから「世界名曲劇場~第一幕 中国民謡集~」として2,980円で販売される。
http://www.muture.co.jp/artists/joshi/disco.html
こちらのDVDは日本のDVDプレーヤで見れるからミューチャー・コミュニケーションズの方がいいなぁ。
[PR]
by yoshi_miracle | 2006-11-20 22:10 | つれづれなるままに

香格里拉

女子十二楽坊が演奏する《香格里拉》 (Hang Rila/シャングリラ - 馬 軍作曲 (編曲:馬 軍) は私の好きな曲です。
孫媛さんの吹く笛の音がとても心地良いのです。CD「Beautifule Energy」では始めに蕭での演奏が入っている。ここがDVDに収録されているのとまた違うところです。
また「赤箱」と呼ばれているCDもありますが、こちらのCDでは、曲の中頃に吹く孫媛さんの笛の音がCD「Beautifule Energy」よりもハッキリと聴こえます。私はこの赤箱を聴いていて、この箇所で思わず涙が流れ出たことがあります。孫媛さんの吹く笛の音色が例えれば純粋な幼子のような美しい心のように感じられ、何か純粋なるものに心打たれたとでも言うのでしょうか。(勿論、詹麗君さん、殷焱さんのニ胡の音色も美しくこちらも心の奥底にあるものに響いたのでしょうが)
そんなことがありましたことが懐かしく思い出されるのです。
 ところで、今年地元では松茸が大不作の年らしい。そこで外国から輸入される事になるわけですが、具体的にどこから輸入されているかというと「香格里拉」からだと先日地元のテレビで放送していました。中国に実際に「香格里拉」という地名があるそうで、松茸が沢山とれるんだそうです。日本から沢山買ってくれるおかげで、なんでもここでは松茸長者に成る人も出てきたんだとか。
日本で100gあたり5500円の松茸が、中国では30元(450円)とか言ってました。
かつて日本でも1970年頃はキロあたり 1,760円だった松茸が、2005年では60,000円、最近は140,000円するそうな(国産松茸)!!
そう言えば昔は、父が山を歩いたら松茸が沢山取れ、松茸はタダで食べられるものだと思っていました。
しかし最近は開発で山が切り開かれ、松も松枯れで枯れ、松茸が育つ環境では無くなってしまいました。食べる為には高いお金を出さなくてはいけない。昔はタダでたらふく食べられた。自然の恵みに関して言えば、昔と今と、どちらが贅沢だったでしょうか・・。
特に最近は異常気象によりこちらでは10月に入って雨がほとんど降っていない。1日か2日降った日があったくらい、しかも少しだけ。これでは松茸が育たない。
山も松枯れで赤松が枯れていっている。これは松喰い虫にやられるのだが、大学の調査では弱った松が松喰い虫にやられるという。それでは何故松が弱るかと言えば、環境汚染により弱るのだということだ。松は環境汚染にかなり弱い植物のようだ。
それから、昔は燃料として松葉などを利用していたので、松葉を取ったり、間伐したりして山に手が入ることで山が再生していた。最近は山に入る人がいないので、山が荒れてしまい、松茸も生えにくいのだという。
異常に高くなった松茸が、何かを人類に訴えかけているように思えて仕方が無い。
今、沢山松茸が取れるという中国の香格里拉。遠く離れた中国のことだが、いつまでも松茸が取れる自然が残っていって欲しいと願っているのであります。
[PR]
by yoshi_miracle | 2006-10-30 22:37 | つれづれなるままに

芸術の秋、感動したことなど

今日は疲れたので久しぶりに夕方、テレビを観た。
NHK BS2 で放送された 『響け!みんなの吹奏楽「佐賀市民吹奏楽団」 』 は良い番組だった。普段クラシックを演奏している奏者にとって、ジャズを演奏するのはそう容易いことではないようだ。ビッグバンドのリーダーでジャズトロンボーン奏者の角田健一氏の指導の元、最後は90人の佐賀市民吹奏楽団全員でスイングしている光景は感動的な場面だった。

続いて、BSジャパン放送の『響のスコア』 
http://www.bs-j.co.jp/hibiki/back/index.html
篠笛を作って30年の「蘭情」という方の篠笛作りを途中から観た。オクターブが出るような調整の仕方など長年の勘による職人芸ですねぇ。下塗りの後の漆塗りの手順など、なるほどこのようにして作られるのかと興味深かった。この仕事が天職だと思うようになったそうだ。小さい頃から祭りでお囃子を聞いたことが原点にあるという。
いい番組だと思う。この番組、途中からしか見れなかったのが残念。

フィギュアスケートGPシリーズ2006第1戦アメリカ大会 は昨夜に続いて観た。
昨夜は浅田真央選手がSPの演技で一位だった。使用した曲はショパンのノクターン。あの有名な第2番変ホ長調の方。偶然にも最近私はショパンの曲が聴きたくなってよく聴いている。ノクターンもその一つ。ロマンティックなメロディーでTVの番組などでもよく使われる曲だ。どうも私は秋になるとショパンが聴きたくなってくるようだ。
ショパンと言えば女子十二楽坊のメンバーでは確か詹麗君(ジャンリーチュン)さんが好きだと何かに書かかれていたように記憶している。詹麗君さんも今でも時々聴いているだろうか。詹麗君さんにはクラシックがよく合うように感じる。昨年、今年と女子十二楽坊のコンサートツアーで詹麗君さんのニ胡による「チャルダッシュ」のソロ演奏もさすが詹麗君さんだと感動したものだ。
浅田真央選手はフリーの演技で「チャルダッシュ」の曲を使っていた(ヴァイオリンによる演奏)。今日は演技でうまくジャンプできなくて残念ながら3位になってしまったが。
安藤美姫選手の滑りは昨日に続いて素晴らしかった。昨日のSPは交響組曲「シェエラザード」を使ってジャンプもうまく決まっていた。今日のフリー演技はメンコン(メンデルスゾーンのヴァイオリンコンチェルト)の曲に乗って、ジャンプも何回も決め会心の滑りで見事一位、優勝した。トリノオリンピックのこともあり、よくあの時辞めないで、かなりの練習努力をしてきたかと思うと胸が熱くなった。今後も頑張って欲しい。
[PR]
by yoshi_miracle | 2006-10-29 22:48 | つれづれなるままに

姜小青さんのHP 10月25日(水)のときどき日記より

最近、姜小青さんのHP(ホームページ)
http://homepage3.nifty.com/jiang/
のときどき日記を見るのが楽しみになってきた。
2006年10月25日(水)の日記には出演メンバーの集合写真(ただし久石譲氏が写っていない 笑)や、詹麗君さんとの2ショットが掲載されていたりして楽しそうだ。姜小青さんはPCを持って移動しているのだろうか。日本語も堪能のようで、何より今回のツアーでは書きたいことが多いようだ。こちらも見て楽しませて貰っている。感謝である。

ところで、大阪の久石譲のコンサートツアーを観に行った人のBLOGによると特に二胡の音が良かったようだ。
http://blogs.yahoo.co.jp/nikonikoegao_at/43281430.html
今まで久石譲のコンサートに行った人のBLOGを読んでも、二胡が良かったという人のBLOGが結構あったと思う。こういうのを読むと、こちらも嬉しくなる。詹麗君さんもこういうのを知ったら、きっと嬉しいでしょう。
[PR]
by yoshi_miracle | 2006-10-26 21:25 | つれづれなるままに

姜小青さんのHP

姜小青さんのHP(ホームページ)のときどき日記が更新されていた。
http://homepage3.nifty.com/jiang/
2006年10月20日(金)の日記を見ると、福岡での久石譲のコンサートで泣いている人がいたとのこと。
行った人のBLOGを見ても、確かに泣いたという。福岡でもスタンディングオベーションで拍手が鳴り止まなかったそうだ。
http://geocities.yahoo.co.jp/gl/ram8000221/view/20061020/1161352126

姜小青さんの日記には楽屋での詹麗君さんの写真も載っている。そうかヘアメイクは姜小青さんがやっていたのですねぇ!どおりで姜小青さんの頭と同じヘアスタイルな訳だ。

姜小青さん達は広島平和記念資料館のそばのホテルに泊っていたのですね。18日広島厚生年金会館でのコンサートが終わった後、私は広島平和記念資料館の前のバス停まで歩いたのでした。(結局、終バスの時間を過ぎていたのでタクシーになりましたが) 広島厚生年金会館前に停まっていたマイクロバス2台はホテルまでの送迎バスだったのかも知れない。
広島平和記念資料館に入ると、出てくる時は無言になります・・・
昨年の女子十二楽坊のコンサートは広島厚生年金会館で開催され、広島平和記念資料館は歩いてすぐの場所だから、あるいは女子十二楽坊のメンバーも行った人がいたかも知れない。

アジア・スーパークラシックコンサートはTVで放送してくれないだろうか。ただしあってもローカルな放送だったら見れないですけど。

ところで話題変わって、夢のCDが出るという。1枚9万8700円  高い!
夢のCD ガラス製「音」劣化しない 1枚9万8700円  
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061021-00000013-maip-soci
[PR]
by yoshi_miracle | 2006-10-22 04:30 | つれづれなるままに

女子十二楽坊のメンバーは今いずこ

PIANO STORIES Joe Hisaishi Asian X.T.C. 久石譲全国コンサートツアーは24日の大阪ザ・シンフォニーホールまで無い、20日から23日まで詹麗君さんはOFFになり休暇を楽しめるのだろうか。
姜小青さんのHP(ホームページ)のスケジュールを見ると姜小青さんは今日の21日(土)は文化庁舞台芸術フェスティバル2006~アジア・スーパー・クラシックに出演とある。
http://homepage3.nifty.com/jiang/
--------------------------------------------------------------------------------
10月21日(土) 文化庁舞台芸術フェスティバル2006~アジア・スーパー・クラシックに出演
開演:1st:13:30~(約60分)『絲竹爛漫』
    2nd:16:00~(約60分)『東から世界へ~ライジングスターの響宴~』
    3rd:18:30~(約60分)『トワイライト・コンサート』
★姜小青の出演は第1ステージと第3ステージの予定です★
場所:知恩院 三門(京都府京都市左京区)
料金:入場無料
主催:文化庁舞台芸術国際フェスティバル実行委員会企画・制作:日本クラシック音楽事業協会
後援:関西テレビ
--------------------------------------------------------------------------------

近くであれば行って見たかったですね。しかも入場無料とある。
詹麗君さんも行って見てたりして。いやゲスト出演したりして。終了後姜小青さんと京都見物するのも良いでしょう。京都は観光するところが沢山ありますから。


ところで女子十二楽坊のスケジュールはというと
http://www.12girls.org/yfzx-show2.asp?xuhao=2&column_id=230
明日22日は北京奥组委闭幕式晚会排练となっている。      
昨年と比べて、日本のディナーショーの予定が無い。
それと気になるのは、http://www.12girls.org/gywm-zxly-show.asp?xuhao=27¬eid=1626
「乐坊将在2007年1月3号至1月25号在台湾演出」とあったが、予定には入っていない。
台湾のtiff妹に「乐坊将在2007年1月3号至1月25号在台湾演出」の情報を以前知らせたことがあるが、tiff妹は受験の為に忙しくて行けないだろうと嘆いていた。台湾の朋友達もこの情報を見たはず。しかし今回のスケジュールを見ると入っていない。SDのスケジュールはコロコロ変わるのであまり当てにはできないようだ・・・。
[PR]
by yoshi_miracle | 2006-10-21 20:37 | つれづれなるままに

10月19日、詹麗君さんが夕方SDBBSにオンライン

昨日(19日)、詹麗君さんが夕方SDBBSにオンラインしていたようだ。夜には福岡でのコンサートがあり、リハーサル前で忙しいのに時間を見つけてのオンラインだと思う。
18日、広島厚生年金会館で花束を届けたからかな?
「あれ、花束を届けてくれたyoshiさんってどんな人だっけ?カードに子犬のシールが貼ってある。どっかで見たような?SDBBSで見たような?オンラインしてみよう。あっ、 詹丽君音乐学院に偶に(笑)書き込んでくれている人だったわ。ほほほ」ってな感じか?(笑) 
いえ、なに、美しい誤解ですから(笑)

いや、それとも
「あの私が悲しそうな顔して花束持っている写真を貼った人ね、ほほほ
復讐しなくっちゃ、ほほほ」 だったらどうしよう(汗)
[PR]
by yoshi_miracle | 2006-10-20 22:17 | つれづれなるままに