勇気ある中国人留学生 王千源さん

長野聖火リレーの後、韓国での聖火リレーでは「赤い愛国主義」の暴走があったようだ。
http://www.asahi.com/international/update/0428/TKY200804280348.html
http://www.ohmynews.co.jp/news/20080428/24149
長野聖火リレーでは日本人の負傷者はニュースでは放送されなかったが実際には日本人が「赤い愛国主義」者達から暴行を受けていたということだ。

これより前、4月5日、聖火リレーは米サンフランシスコを通過したが、デューク大学構内で、「フリーチベット」を叫ぶ米国人学生らの十数人と、親政府系の中国人留学生ら400人あまりが対立し、緊迫した空気のなか、同大1年の王千源さんが対立を避けて話し合うよう中国人に呼びかけた。
http://sankei.jp.msn.com/world/china/080504/chn0805041252005-n1.htm

私もこの王千源さんのニュースをTVで見たことがあるが、このような勇気ある中国人留学生もいるのだと感心した。しかし中国に戻れば逮捕されるだろうと言っていた。ただ対立を避けて話し合うように呼びかけただけなのに。
彼女のような人がもっと出てくれば中国は変わるかも知れない。
[PR]
by yoshi_miracle | 2008-05-10 17:21 | 中国問題
<< ETV50クラシック・アーカイブ 長野聖火リレーは何だったのか >>