父逝く

父が逝った。82年の生涯だった。
通夜、葬儀、初七日と慌しく私は喪主を務めなくてはならず、悲しみに浸っている暇など無かった。
逝ってしみじみ知る父の恩。やはり父は父であった。これまでの恩にただ感謝合掌する。「ありがとうございました」
[PR]
by yoshi_miracle | 2008-04-10 21:01 | つれづれなるままに
<< 善光寺の決断 「ぴあのピア」 >>