詹麗君(ジャン・リーチュン) 資料2

詹麗君さんの資料に反応があったので、それでは第2弾を(笑)

詹麗君(ジャン・リーチュン) 資料2
2004年 weekly oricon No.10 3/15  特集「これが“ほんと”の女子十二楽坊のすべて」 より

1.担当楽器と、その楽器を始めた年齢
  ニ胡・6歳半
2.担当楽器の魅力は?
  旋律がとても美しい。
3.楽器を続けてきて良かったと思うのはどんな時?
  毎回の演奏時。
4.「日本でデビュー」と聞いた時の感想は?
  とてもうれしかったです。
5.また、その時は、どの程度の活動・活躍を予想していた?
  この状態を想像してもいませんでした。
6.12人で活動する大変さ・素晴らしさは?
  大変なことは意思の統一。でも、みんなと楽しく過ごすことができます。
7.日本に来ていちばん驚いたことは?
  冷たい料理が多いことです。
8.日本という国は、あなたの人生観にどんな影響を与えた?
  すべてのことに対して手を抜かないことです。
9.好きな男性のタイプは?
  シャイだけど深みのある人
10.音楽以外の楽しみは?
  読書、旅行、美食
11.グループとしての野望は?
  私たちの音楽が世界各地に広まることです。
12.個人としての野望は?
  中国の民族楽器が全世界の人々に理解されることです。
[PR]
by yoshi_miracle | 2007-02-03 08:53 | 女子十二楽坊資料
<< 「詹麗君は優雅にグリーンに身を... 詹丽君 資料 画冊Twelveより >>