NHKニューイヤーオペラコンサート

先程、NHK教育テレビの19時より生放送でNHKニューイヤーオペラコンサートがあった。
荒川静香さんの金メダルで一躍有名になったあのプッチーニの「トゥーランドット」から「誰も寝てはならぬ」、モーツァルト「魔笛」より「夜の女王のアリア」、プッチーニの「蝶々夫人」より「ある晴れた日に」などお馴染みの曲も多い。
オペラの「トゥーランドット」は迫力がある。2004年9月に薬師寺音舞台を観に行った時、ジョン・健・ヌッツォが「トゥーランドット」を歌った。その時前にいた若い女性は感極まって泣いていた。それから時が過ぎ荒川静香さんが曲を使用して金メダルを取り、私もこの曲を耳にすることが多くなった。今日また改めてオペラ歌手の歌う「トゥーランドット」を聴くと更に感動した。
「ある晴れた日に」を歌った木下 美穂子さんは昨年の教育テレビで「蝶々夫人」を放送していたのを観たことがある。出演者全て日本人で、セットも日本人が作り演出も日本人が行ったものだった。外国の「蝶々夫人」を観るとセットなども日本人から見るとおかしなものが多いという。その点、日本人による「蝶々夫人」にはセットにも違和感は無かった。
先日の「蝶々夫人」では木下 美穂子さんは着物に日本髪のかつらで熱唱されていたが、今日はドレスにロングヘアで歌っていたのが新鮮だった。オペラ歌手はマイク無しでも届く音量を出す程の声である。その分大きな口を開けて歌わなければならないのだが、先日の着物に日本髪で日本人が大口開いて歌うのはどうも合わない気がしたのでありますが、今日のドレス姿ではそれは感じなかった。むしろ美しいと思った。衣装によって感じが随分違うものです。「蝶々夫人」は個人的には「ある晴れた日に」は有名な曲でもありいい曲だと思いますが、ストーリーが悲劇的でどうも好きになれないのであります。
今年はモーツァルトの「魔笛」を観てみたい。昨年はモーツァルト生誕250年だったが、オペラ「魔笛」は見逃した。今年はモーツァルト生誕251年。個人的にはモーツァルト生誕251年でいきたいと思う(笑)。

なお、NHKハイビジョンで「NHKニューイヤーオペラコンサート」再放送が7日 12時~14時にあるようである。
[PR]
by yoshi_miracle | 2007-01-03 23:11 | つれづれなるままに
<< 「春の海」 女子十二楽坊 OFFICIAL... >>