「MUSIC TOWN FAXインタビュー!」 2003年資料

デビュー当時の女子十二楽坊の貴重な資料としてこちらに引用しておきます。

「MUSIC TOWN が来日中の彼女達にFAXインタビュー!」
2003年7月23日 新星堂本社MUSIC TOWN 編集部 <--> プラティア・エンタテイメントにて

--中国古来の音色に西洋的ポピュラーミュージックを融合させた全く新しい演奏スタイル・・・皆さんの音楽はそういう紹介文章で、全くその通りのアプローチに、さらに若さが加わって実にエネルギッシュな演奏に驚かされます。自分達は、そんな自分達の音楽をどう思っていますか?
(ジャン・シュアン)●こういった音楽を演奏できることについて自分でもとても満足感があります。我々若い世代の表現方法です。現代的な感覚を取り入れています。民族的なものは世界に通じるものと言えます。世界のいろいろな音楽が結びつくことで、伝統音楽は発展できるのです。
(レイ・イン)●音楽に国境はないと思います。私達が演奏するのは、とてもピュアな音楽です。コトバの壁もありません。伝統的なものとモダンなものが合わさっていて、また、新しいものもそこにさらにとけこんでいる。だから、音楽そのものの生命力が増して、多くの人に聴いてもらえると思います。
--大きく分けると4部隊から構成されていますが、この編成が生み出す厚みのある温かい音色は素晴らしいです。でも楽器が多くアンサンブル等で苦労があるのでは?
(ジャン・クン)みだれのない演奏が大切!それと各部隊の呼吸ですね!
--皆さんの音楽は時に癒され、時に活力を与えられます。演奏しているご本人達は自分達の楽曲をどんな風に気に入ってますか?
(ヤン・ソンメイ)●皆が一緒に練習やコンサートを開くのが好きです。それは自分たちの音楽を演奏することができ、それぞれの感情を表現することができます。レコーディングがどんなに大変でも、文句を言う人は誰一人いません。
--それぞれが幼少の頃から楽器の稽古を積んできたと聞いていますが、どれくらい小さい頃から1日どれくらい練習してきているのですか?
(スン・イエン)●6歳から。1日の練習量は特に決まっていません。
(リャオ・ビンチュイ)●8歳からピアノを始めましたが、9歳からニ胡を始め、10歳から笛を始めました。一日に4時間練習します。
--古来からの中国音楽が与えてきたものはずばり何でしょう?
(イン・イエン)●幼少から民族楽器を始めたため、他の女の子より気品を高めることができたことに幸運を感じます。
--今回演奏された日本の曲の感想を具体的に教えてください。
(マー・ジンジン)●今回のCDに入っている日本の楽曲はとてもいい曲です。日本でも中国でも大変人気があります。演奏する側にとって、演奏することは一種の楽しみです。私たちのような形で演奏することは新しい試みです。聴いて下さった方は皆がいいと異口同音。毎回の演奏には心をこめさせて頂いております。
--「自由」のPVの撮影秘話などがあれば教えてください。
(ジョウ・ジェンナン)●撮影の当日は雨が降っていて、とても寒かったです。日本のスタッフは防寒具を見につけていましたが、私たちは赤いワンピースを着ていました。海風が吹くと寒く感じましたが、スタッフの方が私たちが寒くならないように心を配って下さったことに感謝しています。
--メンバー、時にはケンカしたりとかありますか?
(チョン・バオ)●音楽に関する言い合いはありますが、それ以外は皆よき友人です。
(ジャン・リーチュン)●ケンカがあっても更にいい音楽ができるためです。ケンカをしても互いの感情には影響しません。
--日本の生活はいかかですか?驚いたこと、嬉しかったこと、美味しかったもの、残念だったこと、意外だったこと・・・など、メンバー皆さんお願いいたします。
(マー・ジンジン)●楽しく過ごしています。充実もしています。日本の気候が肌に良くて乾燥しなくなりました。ただ、日本の物価が高くて、とくに交通費がかかります。中国でタクシーに乗るのは普通ですが、日本では浪費していることに思えます。
(ジャン・シュアン)●日本の生活は、とても快適で色々なことがあります。たくさん新鮮なことがあり、それは、トライアルだったり、初めての経験だったり。自分でもビックリしたのは、外国にいるという感じがしない、ということ。それは、日本で接する人々がとても親切で、皆私達の音楽を気に入ってくれている、ということもあります。おいしいものをたくさん、寿司、麺、刺し身・・・残念なのは辛いものがあまりないということです。そして、これまた予想外だったのは、日本の男性は気づかいが細やかで優しいということです。
(ジャン・ジン)●日本での生活ですが、仕事は大変ですが、買い物や観光ができています。皆さんも良くしてくれています。特に日本のスタッフの仕事に対する情熱には感動しています。
(チョン・バオ)●日本で再度集団生活のチャンスを与えてくれて、互いの感情を深めることができました。おいしい食べ物は多いですが、物価が高いのが残念!
(スン・イエン)●日本の民族性を表現するものがとっても気に入っています。寿司はおいしいです。
(リャオ・ビンチュイ)楽しく過ごしています。充実もしています。日本の方の仕事に対する態度や効率のよさに敬服しています。
(ヤン・ソンメイ)●楽しく過ごしています。刺し身が好きです。日本の物価が高く、とくに果物が高いです。日本の方は礼儀が正しく勤勉だと思います。
(イン・イエン)●楽しく過ごしています。ワサビの入っているものをよく食べます。
(ジャン・リーチュン)●楽しく過ごしています。江の島で見たお祭りには驚いています。
(ジャン・クン)楽しく過ごしています。日本の化粧品が好きです。富士山や東京以外の所にも行ってみたいですが、今回は難しいと思います。日本の物価の高さにはびっくりしています。中国より何倍も高いです。
(ジョウ・ジェンナン)●楽しく過ごしています。ある週末に江の島に行ってきました。ちょうど祭りが行われていたので、興味深く見ていました。祭りの音楽や衣装が良かったです。中国料理が日本的になっていることが残念です。
(レイ・イン)●日本の生活はとても印象深いことがいろいろありました。一番印象に残ったのは、日本の人は何事もキチンとしているということです。そして、仕事に対して、とても真面目で、私はすごく感動しました。ですから私達12人は、とてもラッキーだったと思います。PLATIA ENETERTAINMENTというレコード会社と一緒に仕事できたこともそうです。私たちもできる限りの努力をするつもりです。レコード会社の皆さんに支えてもらいつつ、私達の独特な中国楽器の音色、そして中国音楽をリスナーひとりひとりに届けたいです。
[PR]
by yoshi_miracle | 2006-12-17 19:04 | 女子十二楽坊資料
<< マリインスキー・バレエ 白鳥の湖 12人の音姫たち  女子十二楽... >>