「世界名曲劇場 ~第一幕 中国民謡集~」

「世界名曲劇場 ~第一幕 中国民謡集~」届きました。
先ずDVDを鑑賞。中国版の方では最初、王洛賓氏の映像がしばらく流れるがミューチャー版ではこれがカットされて、すぐに一曲目が始まるようにできていますね。これは中国版を何回か見て気になったところで、DVDをセットしても曲選択のメニュー画面に行くまでに時間が掛かりすぎ待つ時間がもったいないので何とかならないものかと思っていました。ミューチャ側もそう感じていたのでしょうか。それで思い切ってカットしたのだと思われます。
全曲終わった最後に王洛賓氏の顔写真の映像を持って来てもよかったのかも知れませんが。
画質は日本公演のようなハイビジョンカメラで録画されていないので、それなりですが、DVD付きCDがこの価格(amazonだと2,533円)で購入できるのですから仕方ないでしょうね。
DVDの音はいいですね。揚琴の音がきれいに響きます。以前に『2005絲綢之旅音楽会 三周年紀念』 の台湾版限定DVDを買ったことがあるのですが、これはNTSCフォーマットで日本のDVDプレーヤーでも見れたのはよかったのですが、音がモノラルでガッカリだった。数回見たきりでCDの方ばかり聴いていたということがあったので、今回も購入を躊躇していたのです。今回は聴いて安心しました。
ただ、歌を歌っている曲で歌詞の字幕を出すのをミューチャー版DVDではやめたのには疑問が残ります。字幕が出ないから、歌詞カードでも付いているのかと探しても載っていない。本当は日本語訳を付けたかったのに製作予算の関係でできなかったのでしょうかねぇ。
中国語版と同じく中国語のままの字幕でもよかったのではと思うのですが、日本で販売する上では問題があると判断したのでしょうか。字幕を表示しないという無難な選択をするしかなかったのでしょうかねぇ。ちょっと残念です。
私は中国版DVDを買っていたからよかったのかも知れませんね。http://www.quick-china.com/music/detail/mc22613/
クイックチャイナで探すと、NTSCフォーマットのDVD(香港版)も出ていたんですね。知りませんでした。こちらは音質はどうなのかも分かりません。それに、こちらは字幕が無しと書いてありますね。
http://www.quick-china.com/music/detail/mc23136/

でも、やはり、日本のDVDプレーヤーで見れますからしばらくはこのミューチャー版DVDで楽しめそうです。やはりPCで見るのより大きな画面で見ると迫力があります。音もPCのスピーカーよりアンプを通した大きいスピーカーの方が繊細で音の広がりがあり低音も良く出ていいですね。
[PR]
by yoshi_miracle | 2006-11-29 23:24 | つれづれなるままに
<< 『美麗的能量 北京現場音楽会 ... 2006年11月28日中国大饭... >>