歌で魅せる女子十二楽坊  東京中日スポーツより

http://tochu.tokyo-np.co.jp/00/tkhou/20061118/ftu_____tkhou___000.shtml
 中国の美女楽団・女子十二楽坊が、初めて本格的に歌を収録したCDアルバムを22日に発売する。タイトルは「世界名曲劇場~第一幕 中国民謡集~」。独特のサウンドに合った透明感のある癒やしボイスで聴かせる。ニューアルバムには、“中国近代歌曲の王様”王洛賓(おう・らくいん)が創作、アレンジした14曲が収められ、そのうち、今月15日付の洋楽の有線チャート1位となった「ドゥダルとマリア」や、「イララ」など7曲に中国語の歌やコーラスが入る。

 これまで歌を入れた楽曲は、03年11月発売のアルバム「奇跡」に収められた民謡「花児與少年」だけ。今回のアルバムにはニューバージョンとして再録する。ほとんどのメンバーがカラオケによく行くという歌好きながら、「演奏集団」ということで、本格的な歌入りの楽曲の収録は控えてきたという。

 今回は「曲の世界をより表現できる」と歌を収録することに。「声の相性が合う」というリャオ・ビンチュイ、マー・ジンジン、チョン・バオ、レイ・イン、スン・ティン(いずれも年齢非公表)の5人が歌う。日本語の得意なスン・ティンは「すごく気持ちいい。やみつきになりそう!!」と上機嫌だ。

■歌唱場面DVDに収録

 〇…ニューアルバムには、北京でのコンサート(04年3月)で、メンバーたちが歌唱する珍しい場面を収めたDVDが付く。CDとのセットで2980円。

 また、女子十二楽坊は、来年夏ごろに日本ツアーを行う意向で、「その時には歌もやりたい」(関係者)という。
-------------------------------------------------------------------------

「来年夏ごろに日本ツアーを行う意向で、「その時には歌もやりたい」 」とあるから来年も期待できる。

ところで、今日SDBBSに行くと中国の朋友からショートメッセージで私の誕生祝いの言葉が入っていた。彼は小笛子のファンで小笛子の支持スレッドに書き込んでいる。海外の小笛子ファンを見ていると海外のファンも仲がいい。小笛子ファミリーというところだろう。そして今日はシンガポールの小笛子ファンの朋友の誕生日。何故か11月に多いのも不思議な縁だ。彼ら(彼女ら)は中日交流区の小笛子スレッドにこれまで沢山書き込んでくれた。今でこそ書き込み数も1000件を超えているが、実は以前はメンバーの支持スレッドの中で一番書き込み数が少なかった。そのせいか小笛子の書き込みも無かった。私は日本語を紹介したりして海外のファンの呼び込みもしたりした。彼らが応援にかけつけて来てくれ投稿数も殖え、一番賑わった時もあった。小笛子もだんだん書き込んでくれるようになった。彼ら海外のファンの応援があったからこそだと思う。有難いことである。
[PR]
by yoshi_miracle | 2006-11-19 21:51 | 女子十二楽坊資料
<< 北京展覧館劇場《女子十二楽坊5... 这几天陆续收到大家飞来的礼物和... >>