9月4日、9月5日放送の「毎日モーツァルト」

しばらく「毎日モーツァルト」の更新ができなかった。先々週のことを少し書き記す。

9月4日(月)放送の「毎日モーツァルト」

ヴァイオリン・ソナタ へ長調 K.377  1781年 モーツァルト 25歳の時の作品

ゲストは松田理奈(ヴァイオリニスト)
「モーツァルトのヴァイオリン曲--
まず大きく見たときに、楽譜がとても簡単なんですね。音も多いのかも知れないんですけど、見た目は少ないんです。楽譜が黒く無いっていうんですけど、いっぱいは音符が無くて、なのに一つの楽曲として耳に残り易い曲が沢山あったりとか、綺麗なメロディがあったりするんですけれども、一音一音が本当に気が抜けないんですよね。モーツァルトを弾く時は、たぶんモーツァルトというジャンルを作った方がいいんじゃないかと思う位、弾く時に使う(すごい専門的になっちゃうんですけど)筋肉も全然違うところを使うし、頭の中も考えるところが、恐らく他の作曲家とはたぶん全く別の部分を使って弾いているんじゃないかと思うぐらい頭を使うし、で、なおかつ技巧的には、もう全然こんなに移動したりとかもしないし、なのに難しい、というところで苦労しますね」

演奏
ヴァイオリン・ソナタ へ長調 K.377  第一楽章
 ヴァイオリン フランク・ペーター・ツィンマーマン
 ピアノ     アレクサンダー・ロンクヴィヒ


9月5日(火)放送の「毎日モーツァルト」

ピアノ協奏曲第11番 ヘ長調 K.413  1782年 モーツァルト 26歳の時の作品

ゲストは安珠(写真家)
「モーツァルト--
やっぱり普通の人ではないですね。彼の楽譜って一度も書き損じたことが無いっていうふうに言われていて、とっても綺麗な楽譜だったと言われていますけど、まあ昔は消しゴムがあったわけではないですし、それを一筆で全部きれいに音符を書いていくという姿を想像するとやっぱり天才という言葉があるんじゃないかと思うんですね。でも天才というのはやっぱりなっていくものだと思うので、そういう意味ではホントに一度はお会いしたかったなあというか、写真撮ってみたかったですね。きっとチャーミングな方だと思いますね。
ピアノ協奏曲第11番の魅力--
11番というのは意外と地味ですよね。あまり聴いたことが無い方も多いと思うんですけど、ちょうどモーツァルトがウィーンに来て25、6歳ぐらいの時ですね。だから沢山の好奇心を持って、新しい街を、音楽の街を感じて、そこで作られた曲なので、曲的には地味かも知れないんですけど、でも彼がトライしたかったこと、思い付いたことが沢山ふんだんに技術的に入っていますので、そういうところを注意して聴くとかなり面白いんじゃないかと思いますね。結構やはり奥が深いと思います」

演奏
ピアノ協奏曲第11番 ヘ長調 K.413  第2楽章より
 ピアノ・指揮 ダニエル・バレンボイム
 管弦楽    イギリス室内管弦楽団
[PR]
by yoshi_miracle | 2006-09-14 22:36 | モーツァルト
<< 9月6~8日放送の「毎日モーツ... 快来吧 >>