今年の女子十二楽坊コンサートもあとわずか

女子十二楽坊のコンサートに行った人の感想など検索しましたところ、宮城県民会館に行かれた方のBLOGがヒットしました。
http://redsherry.exblog.jp/3902576/
女子十二楽坊資料館というどちらかというと熱狂的なファンの方が集まる掲示板がありますが、一般の方のBLOGを拝見すると、資料館では書かれていない情報があり新鮮に感じることがあります。
客席の埋まり方などそうですね。うーむ、2階席、3階席は空席でしたか・・・。
宮城県民会館で検索すると http://www1.neweb.ne.jp/wb/kenmin/
大ホール 1590席とあります。内訳は 1階 1206席、2階 209席、3階 175席 とありますから、
1200人近く入ったことになりますか。 楽坊メンバーが演奏する時、2階席、3階席が空いているのを見ると寂しかったでしょうね・・・。
昨年のチケット代は8000円でしたから、確かに高く感じました。その分、司会者が2名付いて(一人は通訳の毛さん)、舞台も後ろに大きなモニターを使ったり、衣装も新規に作成したもので昨年の公演のコンセプトのイメージがよく出ていたように思います。今年は去年よりも値段を下げて6800円になって私も喜びましたが、司会者はいなくて、舞台裏で通訳の方(毛さんに非ず)が原稿を読んでいると言った感じだった。衣装も以前に見たものですから、それを流用したようですね。チケット代コストダウンの結果はこういうところに出ているのでしょうか。
ちなみに、2004年の初めての日本公演はチケット代6500円だったと思う。この時は発売後10分で全て売り切れたという記録を作ったことがTVで連日報道されていた。私は不覚にもチケットを取っていなかった、TVで日本公演の様子が流れたのを見るにつけ、コンサートをどうしても見たくなり、幸いにも地元公演直前にチケットを運良く譲って頂くことができた。TVでしか見たことが無い女子十二楽坊を地元公演で初めて見れた感激を思い出しますねえ。「奇跡」の曲が流れ薄幕を通して女子十二楽坊の姿が浮かび上がった時の感激、それからゆっくり幕が上がり、盛大な拍手と共に女子十二楽坊が姿を現した時、鳥肌ものでしたねぇ。
2006年の女子十二楽坊の日本公演もあと4会場だけとなりました。残り4会場は満員御礼だとよろしいですね。
特に未だ女子十二楽坊のコンサートを見たことが無い方に、是非観て聴いて頂きたいですね。
[PR]
by yoshi_miracle | 2006-07-31 22:37 | つれづれなるままに
<< 长耳朵的仙女 何处招来的新兵! >>