YY(殷焱さん)のBLOG

YY(殷焱さん)のBLOGを発見
http://spaces.msn.com/yinyan1212/

個人のBLOGなので資料館等には知らせずにそっと見守ってあげたいと思う。


7月24日のYYのBLOGを訳してみましょう。
「32日経った。
6月23日から日本に来て現在もう32日経った。私達の公演ツアーも半分が過ぎた。
昨日は最もつらい日だった。私が最も恐れる(嫌な)一日2回出演する日だった。うまくやり過ごした。
2回目の開演前はいつも眠くなる(苦しい)時 :P  一回目のようには良くない状態を皆さんに気付かれることをとても恐れ、だから、さらに集中しなければならない。それでさらに疲れもした。
今日は日本の最も北部の都市--釧路に飛行機で着いた。ホテルの窓がちょうど海辺に向いている。天気は曇っている。雲は低く海面と一緒に連なっている。ここの大通りも天気と同じくひっそりとしてうら寂しい。明日の演奏会はどのようになるのか分からない。ちょうどファンがプレゼントしてくれた渡辺美里のCDを聴いている。とても古い歌のようだ。でも私も古い歌(懐メロ)を聴くのがとても好きだ。例えば玉木浩二....
一番南の宮谷島から北海道の釧路まで、全日本に皆私達の足跡を残すことができた」
(なお、犯捆の意味が分からなかった。犯困として訳してみた)

東京の一日二公演は、かなりきついようです。また釧路のコンサートがどうなるか少し不安も漏らしている。2年前の10分で全国公演チケットが売り切れの大ヒットの頃を過ぎ、客の入りを心配しているようにも感じられる。資料館の報告を読むとホールの最上段部分が完全空席のまま始まったようだ。

それとこれを読む限りでは、ファンからのプレゼントは受け取っているようです。
しかし資料館の掲示板を読むと広島会場の場合には、楽坊メンバーが会場を出てからも預かり所にプレゼントがそのまま置いてあったそうで、また昨日の掲示板を読むと広島会場で預けられたプレゼントに関しては楽坊メンバーに渡っていないようです。広島会場から東京に送られるということを係員から聞いた報告も掲示板に書かれていた。なぜ広島会場だけがこのような不当な扱いなのか。酷いものです。
プレゼントは最悪公演が終了した後に渡るでしょうが、花束が本当に楽坊メンバーに届けられたのか大いに疑問が残ります。花束はクール宅急便にて東京に送ると広島の係員が言ったそうで、この意味がどういう意味を持つのか疑問です。日程的に楽坊メンバーは東京で花束を見れないでしょうから、スタッフに送ったとしか考えられない。ファンはわざわざ花束をスタッフの為に買ったのでは無いのに・・・。
[PR]
by yoshi_miracle | 2006-07-27 07:02 | 女子十二楽坊資料
<< 小雷子(雷滢)が7月27日夜S... 殷焱さんが7月24日、SDBB... >>