孫媛さんインタビュー

女子十二乐坊:“我们不许老板王晓京找女朋友”
http://www.stardaily.com.cn/view.asp?id=206038
(訳してみました)

「 二胡は日本で売れて品切れ
記者:じゃあ、あなたはいつ青島を離れて北京に行ったのですか?
孫媛:私は小学校を卒業後、青島から北京の中央民族大学音楽系の付属中学で笛を学びました。
記者:それじゃ、あなたは何歳で楽器を始めたのですか?
孫媛:私は6歳で笛を吹き始めましたが、実は私は4歳半からヴァイオリンを学び始めました。
記者:十二楽坊が民楽にどのような改変を持ちきたしたかと思いますか?
孫媛:日本で二胡は皆売れて品切れでした。国内では、民楽を学ぶ子供も以前より多くなりました。女子十二楽坊は中国民楽の普及に対してやはりとても大きい貢献をしているのです。
記者:この数年全ての公演の内、あなたが最も深い印象を受けたのはどの会場ですか?
孫媛:印象が最も深かったのは私達が日本公演ツアーを終えたあの会場です。あの回の公演ツアーは38日で32回公演しました。私達は本当に特別つらかった。しかもその時私達の父母が皆出迎えてくれましたが、公演当時私たちは皆知りませんでした。だからこの度の公演ツアーをやり遂げて特別感動したので、私達はステージ上でみんな泣きました。父母もステージの下の方で皆泣きました。日本のファンもステージの下で泣きました。ステージの上も下も一面泣いていました、私に残ったすごく深い印象です。
 
 私達はボスがガールフレンドを探すのを許さない
記者:王社長はどんな人ですか?
孫媛:ふだん彼は私達の目の中ではこれまでボスの様ではありません。彼は見たところ特別に厳粛ですが、彼は実は特別に人付き合いがいいんです。私達はいつも彼をいじめます。
記者:あなた達はどのように彼をいじめるのかな?
孫媛:私達は彼にあだ名をつけます。何の王老吉(yoshi注:そういう涼茶もあるそうな・・)、可乐王子(yoshi注:おかしい王子。可口可乐(コカ・コーラという名前も、もじったのかな?)のたぐいを。実は彼も特別苦しいんです。私達と一緒にいるようになってから、私達は彼にガールフレンドを探すのを許さない。しかも彼もそんな時間もなかった。
記者:13人のガールフレンドがいたんだ。
孫媛:(笑)自分の一生の大事(結婚)をみんな遅らせた。実は私の心の中では、王社長はお父さんであり、兄でもあります。去年のバレンタインデーのように、みんなリハーサルしていて、ボーイフレンドがいる人は当然リハーサルが終われば急いで行きたいですが、誰も行かなかったのです。バレンタインデーもまたこのように過ごしました。とてもつらいのですが、私達がちょうどリハーサルしている時、王社長を見ると大きな薔薇の花を持ち上げて入って来て、一人一人に一輪の花を。その時、特別に感動しました。
 
 老人の生活を過ごしている
記者:ある人があなた達十二楽坊は美女の団体だと言う、あなたはどのような女の子が美女だと見なしますか?
孫媛:外見もとても重要ですが、私は更に重要なのは女の子は女の子の味があることが必要だと思います。いずれにせよ私はあまりにも強くて勇敢な女性はあまり好きではありません。
記者:音楽以外はあなたは何が好きですか?
孫媛:ふだん何も無いときは私はお寺に行くのが好きです。私も仏を信じているからです。信仰があれば私の行為に対して制することができると思います。私は現在、早寝遅起きです。老人の生活を過ごしています。
 
 私が追い求めているのはとにかく家に帰って子供を生むことです
記者:十二楽坊があなたに最大の収穫をもたらしたのは何だと思いますか?
孫媛:道が更に広くなったと思います。もとは私はただ卒業したいと思っていただけでした。一番いい活路はとにかくプロの演奏者になるか、或いは学校の先生になるかです。今生活はまるごと私達みんなを変えました。以前の考えはもう私達現在の要求を満たすことはできません。
記者:もしも今日一日、十二楽坊を離れたならば、あなたは何をしたいですか?
孫媛:私はすぐ家に帰りたい。私は追求しない。私はとにかく家に帰り子供を生みたい。
記者:じゃあ、あなたの理想のボーイフレンド(恋人)はどのような人ですか?
孫媛:ちょっと大きい人を探しています。人に関心を持つことができるような方がいいと思います。

信报记者 郝晓楠」
[PR]
by yoshi_miracle | 2006-06-15 16:24 | 女子十二楽坊資料
<< 请为我们加油! 媛媛 6月14日夜の小笛子の書き込み >>